ホーム > 草深甚四郎碑

ここから本文です。

草深甚四郎碑 (くさぶかじんしろうひ)

マイ旅プラン目的地に追加

歴史・文化 加賀

 戦国時代に活躍した剣豪で、藤原氏の後裔畑時能の子孫と伝えられる草深甚四郎の墓です。町指定文化財になっています。
 草深甚四郎は、剣聖とうたわれた塚原卜伝と互角に戦い、引き分けたので、互いに弟子になりたいと言ったという逸話や、天狗にさらわれ剣術を習ったという伝承が残されています。
 13歳で郷里を離れ、剣の修行を積み、29歳で郷里に戻り、深甚流を編み出しました。深甚流は加賀藩の武学校経武館に伝授され、多くの子弟を養育しました。
剣聖草深甚四郎の遺徳をしのび、1936(昭和11)年から慰霊祭と奉納剣道大会が行われており、例年、県内から多くの剣士が集まります。
 主要地方道金沢・小松線白山市寄新保町境。加賀白山バス「草深バス停」より徒歩2分の場所にあります。

草深甚四郎碑

草深甚四郎碑

施設情報

住所

〒923-1261 石川県 能美郡川北町 土室

電話番号

076-277-1111(川北町

交通アクセス

主要地方道金沢・小松線 白山市寄新保町境。
・JR松任駅から車で10分
・JR松任駅より加賀白山バス緑ケ丘十丁目行き「草深バス停」から徒歩3分。

駐車場

なし

地図

  • スポット
  • グルメ・お土産
  • イベント
  • 宿泊施設
  • 駐車場

周辺観光スポットの口コミ情報

当サイトに掲載しているクチコミはトリップアドバイザーからの提供です

近隣情報

イベント

宿泊施設

一覧に戻る