石川県観光スペシャルガイド
トップページ>伝統芸能
伝統芸能
 石川県の能楽は、加賀藩祖前田利家が「金春流」を愛好したことに始まり、五代藩主綱紀が取り入れた「宝生流」が、今日の「加賀宝生」に繋がっています。
  また、能楽と並んで邦楽や舞踊も盛んですが、その下地は藩政時代の文治政策と、茶屋街、金沢歌舞伎等の大衆娯楽の中で醸成されたと言われています。
スペシャルガイド一覧
[能楽]

藪  俊彦
[能楽]

藤島 秀隆
[茶屋文化]

田中伊佐子
[茶屋文化]
主計町料亭組合

申込みにあたって

  • 当サイトに掲載されているデータは、平成29年のものです。本誌発行後、内容が変更される場合がありますので、ご依頼の際は必ず事前にお確かめください。また、ガイドの内容・方法により、受入可能人数・ガイド時間・ガイド料金等が異なってきますので、詳細につきましては、ご依頼時にお問い合わせください。
  • スペシャルガイドご依頼の際のお問い合わせ・お申し込み先は石川県観光企画課です。
    石川県観光企画課では、お客様ご希望のガイドの氏名・内容・日程等を承り、スペシャルガイドに打診させていただきます。ガイド決定後の詳細な打合せについては、ご依頼団体が直接行ってください。
  • なお、ご依頼の人数や内容によっては、お受けできないこともありますので、ご了承ください。
工芸歴史・文化文学伝統芸能自然温泉
石川県観光スペシャルガイド ほっと石川旅ネット