ホーム > ほっと石川観光マイスター > H24年度認定マイスター

ここから本文です。

H24年度認定マイスター

里山里海を愛し魅力を生み出すマイスター

koshiishi

越石 あき子(こしいし あきこ)

社団法人いしかわ環境パートナーシップ県民会議
職員

略歴

  • 平成15年~  いしかわ自然学校インストラクタースクール
             コーディネーター
  • 平成19年~  夕日寺自然体験実行委員会 創設
  • 平成21年~  NPO法人自然体験活動推進協議会
             トレーナー2種 登録
  • 平成22年   いしかわ女性のチャレンジ賞 受賞

活動状況

  • 石川県の里山里海でその自然環境や生活文化等に触れるエコツアーを実施するなど、エコツーリズムの普及と体験型観光の促進に努めている。
  • 石川県全域をフィールドに多彩な自然体験プログラムを提供する「いしかわ自然学校」の運営に尽力。
  • 勤務先の業務以外でも自ら自然体験プログラムを企画し、地域住民や観光客にエコツーリズムの楽しさやその地域固有の魅力を伝えるなど、地域全体の活性化に貢献。 

石川の芸術文化を語り継ぐマイスター

takeno

武野 一雄(たけの かずお)

金沢観光ボランティアガイドの会「まいどさん」

略歴

  • 平成15年~  金沢観光ボランティアガイドの会
             「まいどさん」
  • 平成16年~  金沢21世紀美術館
             作品鑑賞ボランティア
             「クルーズ・クルー」参加
  • 平成21年~  市民が見つける金沢再発見の会設立

活動状況

  • 金沢観光ボランティアガイドの会「まいどさん」して、金沢の名所・旧跡等の案内を通し、観光客に魅力を伝えている。
  • 豊富な知識とガイドの経験を生かし、平成18年に金沢検定上級に合格。
  • 元グラフィックデザイナーの経験を生かし、武蔵ヶ辻を拠点に、アートを切り口とした展覧会やワークショップなどを開催するメンバーとして、これらの活動を通じて金沢の芸術文化を発信するなど、金沢中心部の活性化に尽力。
  • 自ら「市民が見つける再発見の会」を設立し、観光客はもとより、地元にいながら金沢のことをあまり知らない市民を対象に散策会などを実施するなど、観光資源の掘り起こしや情報発信を積極的に行っている。

のとキリシマツツジの魅力を伝えるマイスター

miyamoto

宮本 康一(みやもと こういち)

のとキリシマツツジ連絡協議会 会長

略歴

  • 昭和59年   柳田村盆友会設立
             会長就任
  • 平成16年   のとキリシマツツジ連絡協議会設立
             会長就任
  • 平成21年~ NPO法人のとキリシマツツジの郷設立
             理事長就任

活動状況

  • 燃えるような深紅の花を咲かす「のとキリシマツツジ」を新たな観光資源と捉え、地域おこしに尽力。
  • 大勢の人で賑わう「のとキリシマツツジフェスティバル」を能登空港で開催し、日本一大きい盆栽の展示や苗木の即売会を行うほか、花の特徴・見ごろなどを記したパンフレットを制作するなど、のとキリシマツツジの魅力を全国に発信。
  • のとキリシマツツジに似た品種がある韓国仁川広域市や鹿児島県霧島市と交流を行うなど、観光誘客の促進にも寄与している。