ホーム > ほっと石川観光マイスター > H20年度認定マイスター

ここから本文です。

H20年度認定マイスター

金沢の町人文化の魅力を伝えるマイスター

穴田 克美(あなだ かつみ)

金沢観光ボランティアガイドの会「まいどさん」会員(元副会長)

略歴

  • 平成6年4月~金沢観光ボランティアガイドの会「まいどさん」会員
  • 平成14年~ 金沢観光ボランティアガイドの会「まいどさん」活動部長(~平成16年)
  • 平成16年~金沢観光ボランティアガイドの会「まいどさん」副会長(~平成19年3月)

活動状況

  • 金沢観光ボランティアガイド「まいどさん」の第一期生として長年にわたり金沢の名所・旧跡等の案内を通し、観光客にその魅力を伝えている。
  • 平成19年度に開催された観光ボランティアガイド全国大会では分科会のアドバイザーを、金沢「まち博」や金沢市の観光に関する講座では講師を務めるなど、活躍している。
  • 「まいどさん」の中でも会員研修会の講師を務めるなど、ボランティアガイドの育成と資質の向上に尽力している。

地域の歴史文化を活かしたプチミュージアムの郷づくりマイスター

金七 修(きんしち おさむ)

能登町観光ボランティアガイド協会会長
民有「歴史文化」資産の保存活用を考える会会長

略歴

  • 昭和52年~ 加能民族の会会員
  • 平成17年~ 民有「歴史文化」資産の保存活用を考える会 会長就任
  • 平成18年~ 能登町観光ボランティアガイド協会 会長就任

活動状況

  • 平成17年に、まちおこしグループである民有「歴史文化」資産の保存活用を考える会の会長に就任し、地域資源を掘り起こし各地に点在する資源を線に繋げて、集客に役立てようとする「プチミュージアムの郷」構想を立ち上げ「時間旅さよねり館」「あまめはぎ館」「野鍛冶館ふくべ鍛冶」「松波城址情報館」の4館を奥能登トリビア蔵としてオープンさせた。
  • 平成18年から能登町観光ボランティアガイド協会の会長に就任し観光客の方々に能登町の魅力を伝えている。

加賀の地域資源と人材を掘り起こし育てるマイスター

竹本 利夫(たけもと としお)

加賀市観光ボランティア大学世話人
観光ボランティアガイド「ヤタガラス」・ガイド「いぶりばし」設立世話人

略歴

  • 平成 2年4月~ 加賀市観光ボランティアガイド「大聖寺ボランティアガイド」会員
  • 平成18年4月~ 加賀市観光ボランティア大学設立 世話人
  • 平成19年6月~ 観光ボランティアガイド「ヤタガラス」設立 世話人
  • 平成20年4月~ 加賀市観光ボランティア大学長
  • 平成20年6月~ ガイド「いぶりばし」設立 世話人

活動状況

  • 卒業生が加賀地域の観光振興に大きく貢献している「加賀市観光ボランティア大学」の開催に多大な貢献をしているほか、地域の観光資源の保護、発掘にも尽力しており、また、自らもボランティアガイドとして活躍している。
  • 加賀市観光ボランティア大学の受講生を中心として、平成19年度に山代温泉地内でガイド活動を行う山代温泉観光ガイド「ヤタガラス」設立した。
  • 平成20年度にはガイド「いぶりばし」の設立を世話し、現在もそれぞれのボランティア団体の世話役を務めている。

地域資源を活用したまちの賑わい創出マイスター

森山 奈美(もりやまなみ)

(株)御祓川代表取締役

略歴

  • 平成 7年4月~ (株)計画情報研究所 研究員
  • 平成14年4月~ 七尾市市街地まちづくり委員会委員(~平成16年3月)
  • 平成15年4月~ 国土交通省社会資本整備審議会河川分科会専門委員
  • 平成17年9月~ (株)地域みらい 入社
  • 平成18年4月~ 七尾市総合計画審議会委員(~平成20年4月)
  • 平成19年4月~ 七尾市総合計画審議会委員(~平成20年4月)
  • 平成19年9月~ (株)御祓川 代表取締役就任(~現在)

活動状況

  • 中心市街地の賑わいを取り戻すには、商業環境の整備による活性化だけでなく、地域資源を完全活用し、残されている宝を守り、伝えていく整備環境も不可欠であると考え、川(御祓川)を活かしたまちづくりに取り組み、その取り組みが日本水大賞国土交通大臣賞、第7回「川の日」ワークショップグランプリなどを受賞。
  • 七尾市を訪れた観光客に地元のお祭りを案内できる「青柏祭でか山ガイド」を養成する企画の中心的役割を担っている。
  • 七尾市総合計画や様々な観光まちづくり事業へ参画、衰退が著しい市内各商店街を再生させるため奔走中。