ホーム > ほっと石川観光マイスター > H19年度認定マイスター

ここから本文です。

H19年度認定マイスター

能登の風土と歴史・民俗を伝えるマイスター

西山 郷史(にしやま さとし)

「能登を知る会」会長

略歴

  • 昭和47年4月~ 県立高等学校教員(~平成3年3月)
  • 平成3年5月~ 真宗大谷派西勝寺(さいしょうじ)住職(現職)
  • 平成8年4月~ 珠洲市立珠洲焼資料館館長(~平成16年3月)
  • 平成14年~ 加能民俗の会副会長(現職)
  • 平成17年9月~ 観光ボランティアガイド「きらり珠洲」発足・会長(~平成20年9月)
  • 平成20年9月~ 「能登を知る会」会長
  • 現在(その他現職) (財)石川県埋蔵文化財センター評議員、日本宗教民俗学研究会委員 など

活動状況

  • 県民大学校、いしかわ自然学校、シティカレッジなどの講師をつとめている。
  • 『能登のくに-半島の風土と歴史-』『能登国三十三観音のたび』『石川県の祭り・行事』など執筆・編さんも多く、常に能登の魅力について発信している。

都市と農山漁村の橋渡しマイスター

橋本 孝一(はしもと こういち)

「加賀白山麓観光ネットワーク協同組合」
代表理事

略歴

  • 平成11年10月~ 尾口村商工観光課(~平成17年1月)
  • 平成16年 「白山麓グリーン・ツーリズム研究会」発足
  • 平成17年2月 「石川県グリーン・ツーリズムインストラクターの会」発足
  • 平成17年7月 「加賀白山麓観光ネットワーク協同組合」代表理事
  • 平成18年 「石川県グリーン・ツーリズム研究会」理事(現職)
  • (その他) 「白山麓そば街道・白山麓そばの会」事務局長 「白山麓自然スーパーガイドの会」事務局長 なども勤めた

活動状況

  • 白山麓を中心に、交流人口拡大を図るため、特産品開発、白山麓森林保全活動、など、ユニークなアイデアで白山麓地域活性化に貢献している。
  • 白山麓と近隣地域との連携を図りながら観光プラン提供やグリーンツーリズムなどに取り組み、白山麓のみならず広域観光の仕掛人として活躍している。また、講演や研修講師も多数行っている。

能登の食と文化の魅力を伝えるマイスター

星野 正光(ほしの まさみつ)

「能登 手仕事屋」店主

略歴

  • 昭和46年4月~ 家業「やそべ豆腐」(星野家10代目)を継ぐ
  • 平成2年12月 「(株)門前」(町おこしの企画会社)設立(現職)
  • 平成5年10月 「能登 手仕事屋」(そば屋、(株)門前の事業の一つ)開業
  • 平成10年1月~ 能登空港ネットワーク協議会特産品開発委員長
  • 平成11年6月 「(株)能登百正」(能登地域全体の広域的まちおこしの会社)設立
    11月 東京銀座に能登料理居酒屋「のとだらぼち」を開店させる
  • 平成17年12月~ 金沢大学「角間の里山自然学校」駐村研究員

活動状況

  • 輪島市門前町で、能登の文化や食を積極的に発信するとともに、地域の語り部として能登の魅力を伝え、人気を集めている。
  • 首都圏からの交流人口の増大につとめ、能登の地域おこしに尽力している。
  • 能登の最大の資源は、自然や食べ物だけではなく、ここで生きる人であるというビジョンのもと、人との出会いを大切にし、その魅力を伝えることで能登のファンを増やしている。
  • 県内外から各種フォーラム等での講演やパネラーもつとめている。

地域資源を紹介しガイドを育てるマイスター

松下 奏(まつした すすむ)

「加賀市観光ボランティア大学」学長

略歴

  • 昭和30年4月~ 加賀市内小中学校教諭・教頭・校長(~平成5年3月)
  • 平成7年 柴山潟流域環境保全対策協議会会長
  • 平成15年 加賀市昆虫調査会会長、加賀市環境保全審議会会長 柴山潟浄化推進協議会副会長
  • 平成18年4月 「加賀市観光ボランティア大学」学長
  • (その他役職) 観光ボランティアガイド「加賀あいりすガイド」会長 観光ボランティアガイド「片山津うきうきガイド」会長 片山津地区まちづくり推進協議会会長 などを勤めた

活動状況

  • 加賀市の動橋川流域、柴山潟、片山津温泉中心に環境保全や歴史、文化、芸能の研究・活動を行うとともにまち歩きなどの観光活動にも尽力している。
  • 観光ボランティアガイドをつとめ、加賀市の各団体の会長も歴任し、加賀地域のガイドをまとめている。
  • 観光ボランティアガイドを養成する学校として開校した「加賀市観光ボランティア大学」の学長をつとめ、ガイドの育成にも熱心に取り組んでいる。

白山麓の自然と歴史を愛し語り継ぐマイスター

山田 喜一(やまだ きいち)

NPO法人「白山しらみね自然学校」

略歴

  • 昭和30年頃~ 鉄工所経営の傍ら白山登山客の案内を開始
  • 昭和50年4月~ 白峰村開発公社理事(~平成12年6月)
  • 平成元年頃~ 白峰村の観光ガイドを開始
  • 平成2年2月 白峰区長(~平成10年1月)
  • 平成8年4月~ 白峰村開発公社理事長(~平成12年6月)
  • 平成13年 白山市観光ボランティアガイド「加賀白山ようござった」副会長
  • 平成14年 「加賀白山ようござった」NPO法人化により副理事長へ
  • 平成14年3月 山田テンポ塾開設

活動状況

  • 長年にわたって、白山登山客や白峰村を訪れる観光客のガイドを行うとともに、地域活動にも積極的に参加し、白峰の地域振興や街並み形成などに貢献している。
  • その味わい深いガイドから、指名を受けるほど好評を得ている。
  • 地元白峰の歴史の掘り起こしと継承を目的に「山田テンポ塾」を開設し、白峰について学んでもらい、観光ガイドの育成に尽力している。
  • 各種研修の講師も多数こなしている。