本文へジャンプ
<<前の記事| 次の記事>>

ひゃくまんさんさがしの旅 その1

2016-03-31

金沢市

こんにちは、かがやきコンシェルジュの雪ですsnow

 

今回は北陸新幹線開業1周年記念特集 第二弾!

石川県観光PRマスコットキャラクター『ひゃくまんさん』にゆかりのある旅を紹介します。

 

hyaku1.JPG

 

??『ひゃくまんさん』って??

『ひゃくまんさん』は石川県の郷土玩具で縁起物の「加賀八幡起上り」をモチーフにしたキャラクター。

日々石川県PRのため様々な場所で活躍しています!

チャームポイントは輪島塗のひげで、

金沢箔を施された全身には加賀友禅柄の菊やぼたん

石川の様々な観光絵巻が描かれていてとても華やかな姿をしていますshine

この『ひゃくまんさん』の形の元となった「加賀八幡起上り」発祥の地が実は金沢駅の近くにありますsign03

 

hyaku2.JPG

それは「安江八幡宮」です。

金沢駅兼六園口(東口)から歩いて約5分ほどの距離にあります。

こちらは金沢五社(江戸時代から神官が守護している金沢市内にある神社の総称)のひとつで

安産祈願の神社としても人気があります。

 

昔、安江八幡宮に参拝して恩恵を受けた氏子が、そのお礼にと加賀八幡起き上がりを作り奉納したのが始まりと言われていて、

以来子供の成長と幸せを祈る縁起物としてこのお宮さんのシンボルにもなっています。

 

八幡さん(応神天皇)が生まれたときの産着を着た姿を模しているのが『加賀八幡起上り』です。

(だるまさんと似ていますが別の物です)

hyaku4.JPG

hyaku5.JPG

優しそうな表情の八幡さんの石像とひゃくまんさんを一緒に撮影happy02

 

訪れた方がご利益を求めて頭をなでていくそうで参拝者の手が汚れないようにと

毎朝磨かれているそうですよshine

hyaku6.JPG

お守りにも加賀八幡起上がりをモチーフにしたものがたくさん!

見た目もかわいらしいお守りばかりでなんだが自分も八幡さんみたいな優しい表情になりそう?^^

 

「この人形って自分でも絵付けとかできるのかな」

hyaku7.JPG

と次にやってきたのは加賀人形の基礎を築いたといわれている創業文久2年(1862年)の老舗

「中島めんや」です。

赤い看板もインパクトあります!

 

hyaku8.JPG

店内は大小様々な人形でいっぱい!体験中にもお祝いの品を買いに来られたお客様もいらっしゃいましたよ~

 

絵付け体験は雪が挑戦sign01入口脇にある体験スペースで行います。

hyaku9.JPG

人形には貝殻の殻とニカワを混ぜてといた胡粉(こふん)が何層にも塗り重ねてあります。

初心者は顔を筆で書くのは大変なので油性ペンを使って目を描きます。

鼻を中心にバランスを考えていくのがポイントです。

hyaku10.JPG

 

顔を描き終わったら絵の具と筆で周りに絵付けを行います。

 

hyaku11.JPG

ポスターカラーを使うので子供でも簡単に塗ることができます。

所要時間は約30分~1時間くらい。世界で1つだけの加賀八幡起上がりの完成です!happy01

 

hyaku12.JPG

hyaku13.JPG

 

なかなか愛嬌のある姿になったのでは?catface(自画自賛)

絵付け体験は予約制なのでおでかけの際には必ず事前に電話予約をお願いします。

 

次回もひゃくまんさん探しをご紹介します!

 

花壇のひゃくまんさんがシュールでした~♪♪♪展示は終了してしまいましたが、画像で雰囲気だけでも伝われば嬉しいです(^O^)
絵付け体験で作った起上がりは自分の部屋に飾りました^^ 実は身近にひゃくまんさんのルーツがあったとは驚きでした!

|投稿者: 雪 |カテゴリ: 金沢 |投稿時刻: 10:38 |

プロフィール

    あや
    ゆき
    まい

pagetop