本文へジャンプ
<<前の記事| 次の記事>>

「何これ?!金沢不思議フォトラリー」の旅

2016-03-29

 金沢市 

こんにちは!かがやきコンシェルジュのです。 

北陸新幹線が開業して1年がたちましたsign03

歳月も新幹線も・・・早いですねっhappy01

kf1サムネイル入.jpg

金沢駅をはじめ県内はお祝いムードでむんむんnotes

1周年を記念して、各所で関連イベントが開催されていますshine

kf2.JPG

 その中の一つ 、「市民企画型観光モデルコースモニターツアー」

に私たちは参加してきましたgood

金沢市が一般公募を行った市民企画型モデルコースで

グランプリに輝いた企画ですshine

「何これ?!金沢不思議フォトラリー」

さすが最優秀賞、ツアー名もと~ってもユニークnotes

一体、どんな珍景がsign02

ツアーを考案した周田重孝(しゅうたしげたか)さんの軽快なガイドで

金沢不思議発見の旅をしてきましたよ~wink

kf3.JPG

金沢駅を出発して、武蔵ヶ辻方面へ徒歩約3分。最初の不思議発見sign01

サビサビの巨大鉄球

kf4.JPG

  実はこれ、「CORPUS MINOR#1」(コーパスマイナー)という

彫刻作品なんですヨshine

時間の経過とともにさびて朽ち果てていく様子に

街や時代の変化、人生の味わいなどの意味が込められているらしく。

錆びもアートとは、奥が深い!flair

 

続いて、350m程直進し、一つ目角、すぐ左にある金沢東別院へ。

お御堂の正面に現れたのは、何やら不思議な三角形の物体sign01

こ、これは、極楽浄土へのトンネルか?

kf5.JPG

 と思いきや、参拝者のための屋根からの落雪除けでした。snow

積雪時にここを通って参拝すれば、安心、安全!

さすが、金沢らしい配慮ですね~shine

 

金沢東別院前の通り道、安江商店街(金澤表参道)を歩いていると

ギョ!ギョ!ギョ!魚くん発見sign03

kf6.JPG

 アーケードを水族館に見立てて製作したアートなんだとか。pisces

町屋の前で堂々と佇んでいる姿が迫力満点happy01

 

次なるなんじゃこりゃsign02は、百万石通りを武蔵ケ辻から橋場町方向へ、

その途中にある博労町交差点で発見!eye

えー、なんで、道の真ん中に煙突sign02

kf7.JPG

説明によると、かつて電話線増設のために作った地下道の排気塔なんですって。

「今まで何度も通っていたのに、ぜんぜん知らなかった…sweat01

と、こんな調子で、本来自転車で6時間のコースを一部変更し、

徒歩3時間、ノンストップのハイスピードで駆け巡りました!

それこそ、まさに「何これ?!」な超高速、高濃度ツアーcoldsweats01

どこもガイドブックでは紹介されないようなところばかり。

その中から、仰天度数の高かったものflairをご紹介させて頂きますネwink

 

百万石通りを挟んで、先ほどの煙突のほぼ向かい側にあったのは、

織田信長が命名!日本一古いはんこ屋さん「細字印判店」

kf8.JPG

「細字(ささじ)」という姓は、織田信長の時代に1年間ポルトガル講師の下で

学んだ特別優秀者3名に与えられた称号shine

そんなスゴイはんこ屋さんだったとは…

驚き桃の木山椒の木!happy02

もう一つおまけに、根気の強い梅の木sign03近くにありましたhappy01

尾張町バス停から北へ徒歩約3分、彦三緑地内

その木は、鋼のような生命力で花を咲かせていました!

kf9.JPG

 加賀藩主前田家の家紋は梅鉢紋。

故に「梅」のパワーはひゃくまんボルトsign02

さすがのど根性に感服shine

ちなみに、ここ、彦三緑地は前田家とゆかりのある

ツツジの名所として親しまれています。

 

主計町茶屋街のメイン通りから一本奥の道へ。

あれれ?マジですか!横浜に来ちゃった?

kf10.JPG

 源法院の鈴に刻まれているのは「金澤区」の文字。

金沢市は明治11年から22年まで金沢区の時期があったそうです。

しかし、よく見つけてきますよね~sign03アッパレですhappy02

 

ところで、天狗はサバが嫌いだということをご存知でしたか?

(ドラキュラがニンニク嫌いなことは知っていましたが…coldsweats01

そんな言い伝えがあるらしく、サバ寿しを食べて

この後予定している天狗の住み家の訪問に備えますsmile

kf11.JPG

 ひがし茶屋街、メイン通りより1本奥にある

押し寿し体験厨房「金澤寿し」でご用意頂きましたnotes

 

え、まさか天狗が近くにいるとか?

それとも、巨人のスコップ?

kf12.JPG

ひがし茶屋街、「金澤寿し」と同じ通りで巨大なスコップを発見!eye

これは、天狗用でも巨人用でもなく

軒先から落ちかけている屋根雪を落とすための人間用のものでしたhappy01

「ここも何度も通ったことある道なのに~!ぜんぜん気がつかなかったsweat01

 

さて、サバ寿しを持って、天狗の住み家と云われている宝泉寺へ

宇多須神社の脇を通って急な坂道を登っていきます!

色んな事情で心臓がバクバクcoldsweats01

すると、おぉ~!天狗のお面が!

kf13-1.JPG

宝泉寺の五本松は藩政時代から天狗が住んでいると恐れられていたそうです。 

それにしても、見晴らしがよく素晴らしいロケーションsign01eye

kf14.JPG

天狗さんはこの景色を一人占め?なんて贅沢な~!happy02

 

エリアは変わって、金沢城公園へ。 

石垣の中に、なんと!希少種の蛇がいるそうですsweat01

その子供のヘビが石垣から溝に落ちてもちゃんと這い上がれるように、と

溝が所々カットされていましたー!

kf15-1.JPG

 これがホントの蛇の道!

金沢城公園に行ったらぜひ探してみてくださいねhappy01

橋爪門から鶴丸倉庫へ向かう途中できっと見つかりますよ~good

 

同じく金沢城公園大手門口にて。

何これ?!段差の違う階段に遭遇。目の錯覚?ではなくて、

kf16.JPG

 敵が攻めてきた時に転倒させて攻撃をするためにの仕掛け!

とどめにクランクまでつけちゃって。

確かに、、、歩きにくい階段でしたcoldsweats01

この階段を利用する時は、転ばないよう気をつけてくださいネwink

 

ラストを飾るのは、こま犬ならぬ、こまライオンsign02leo

kf17.JPG

東京日本橋にある老舗デパートの入口みたいですね?happy01

金沢駅から徒歩約5分、ホテル日航金沢の裏側にある

白髭神社に行けばこのライオン像に会えますよ~!

ご近所さんが新築祝いに頂いたが大きすぎ、置き場に困り奉納したんだそうですhappy02

 

不思議フォトラリーの旅、いかがでしたか?

考案者の周田さんによると、コースで回るというよりは点として、

どこか観光地を訪れた際の+@として

楽しんでいただくことをお薦めされていました。

 

実際回ってみると、つい写真を撮って誰かに教えたくなるところばかりsign03camera 

ちょっとマニアックな金沢のまち再発見の旅

カメラ片手にぜひ楽しんでみてくださいnote

「へぇ~!」を何度連発したことか!他の地元の参加者の方々も感心していらっしゃいました(*^_^*)ぜひ多くの方に楽しんでいただけるようこの企画の今後の展開に期待したいですね~(*^^)v
実際に歩いて見て聞いて 金沢という地域の奥深さに感動しました!こんなに興味深いスポットがあったとは・・・ 市内観光の際にはぜひナニコレ?!スポットも合わせてめぐってみるのも楽しいですよ^ワ^

|投稿者: 彩 |カテゴリ: 金沢 |投稿時刻: 09:26 |

プロフィール

    あや
    ゆき
    まい

pagetop