本文へジャンプ
<<前の記事| 次の記事>>

冬の能登で「のとキャラ」を救出する旅 後編

2016-02-12

穴水町・志賀町

(前回からの続きです)

 

 

“のと鉄道の終着駅そばにある物産館”のヒントをもとに、

○水駅の物産館にやって来ましたrvcardash

DSC01630.JPG

救出BOXの場所がちょっと分かりにくい所にありますが、

無事に「ばっしょん」を発見&救出できましたsign03

(場所が分からない時は、お店の人に聞いてみてくださいねhappy01)

 

ちなみに、ばっしょんは能登野菜13種のひとつ
能登赤土馬鈴薯」から生まれた能登野菜応援キャラクターnotes

赤土で栽培された能登赤土馬鈴薯は、

でんぷん糖度が高く、ほくほくで美味しいんですよheart04

 

 

「次のヒント“能登でとれたブドウを樽で熟成”と・・・」

「”大人の飲み物”といえば・・・ワインsign02

のとワイン.jpg

実は、能登はワインの産地なのですwineshine

工場見学に参加すると赤、白、ロゼによって使用するブドウが違うことや、

それぞれの製造方法の違いなどを説明して頂けますsign03

 

こちらでは、赤ワイン用のブドウを、白ワインの製造方法で作った

「ブラッシュワイン」という珍しいワインも製造されているそうですwineshine

 

DSC01637.JPG

ここではshineスローライフ・スローフード穴水町のキャラクターshine

「のとりあーなちゃん」を救出sign03

 

片方だけ長靴をはいているのは、スローフード発祥の地である

イタリアに片足入れています、という意味なのだとか。

「酔っぱらって、どこかに忘れてきた訳じゃ無いんだね~smilenotes

 

穴水町では3月31日(木)まで

shineまいもんまつり”冬の陣”かきまつりshineを開催中。

美味しい能登かきをぜひ食べに来て下さいねhappy02

 

 

最後は志賀町へ向かいますrvcardash

ヒントは“さくら貝が拾える海岸近くの道の駅”ということで・・・

 

増穂浦海岸にやって来ましたwave

ここは鎌倉の由比ヶ浜、紀伊の和歌浦と並んで日本小貝三名所の一つ。

さくら貝は見つけると幸せになれる、と言われているんですよnotes

とぎ海道.jpg

のとドンと一緒に、世界一長いベンチに座って海を眺めていると…

「あっsign01近くに道の駅○ぎ○街道があるsign03

 

ますほん.jpg

shineさくら貝伝説shineのキャラクター「ますほん」

発見&救出できましたeyeshine

 

そして、この道の駅で私たちが一番気になったのが…

甘エビの踊り食いwobblysweat01

DSC01662.JPG

勇気のある方、ぜひ挑戦してみてくださいsign03

 

 

最後のヒントは“ころ柿ソフトクリーム”

ころ柿といえば、志賀町の特産品shine

道の駅ころ柿の○し○へやって来ました。

西能登あかり.jpg

西能登あかり、救出shine

西能登あかりは日本最古の木造灯台である

旧福浦灯台をモチーフとしたキャラクターですsign03

 

ころ柿ソフトクリームは、

ころ柿の味がしっかりする優しい甘さで美味しかったですhappy01heart04

 

 

これで7つのキャラの救出完了sign03

集めたキーワードとクイズの答えを記入して応募BOXに投函しますmailto

(郵送や、WEBからも応募できます)

応募BOX.jpg

今回は能登牛魔王討伐コースの7キャラ全てを救出したので、

1コース制覇のshine能登丼お食事券shine

2キャラ救出のshineのとじま水族館親子ペアチケットもしくは、

能登珠洲塩三兄弟shineの2つに応募することができますscissors

 

shine能登丼shineのお食事券が当選しますようにhappy02

 

 

今回は「のとキャラ」を救出しながら、冬の能登の魅力も発見することができました。

shine冬の能登にはおいしいものもいっぱいありますcancershine

ぜひ一度、能登の魅力を堪能しに来て下さいねnotes

 

あなたも勇者になって、のとキャラを救出しましょうsign03

 

晴れたり雪が降ったりな冬の石川らしいお天気でしたが北から南へ能登を堪能することができました!次回は能登ワイン飲んでみたいなぁ・・・
日帰りの旅でしたが、こんなにたくさんの場所を訪れることができました!! 美味しいもの、素敵な景色を見つけられてとても楽しかったです☆

|投稿者: 舞 |カテゴリ: 能登 |投稿時刻: 04:10 |

プロフィール

    あや
    ゆき
    まい

pagetop