本文へジャンプ
<<前の記事| 次の記事>>

温モビで行く!工芸ギャラリーを巡る旅(前編)

2016-01-22

加賀市

  

こんにちは!かがやきコンシェルジュのです。

今回の旅は加賀温泉郷へ

 昨年9月から片山津温泉でレンタルを始めた

2人乗りの超小型電動自動車、 「温モビ(ぬくもび)」に乗って

ギャラリー巡りをしてきましたよ♪

何でもこの(ぬく)モビ」ネーミングもそうですが、

にも、今、もっともホッとな移動手段らしい??

そんな噂を耳にしたなら、試さないわけにはいきませんよねっ(^O^)/ 

 

ということで。まずは、レンタルの手続きから。

事前に電話かネットでの予約をおすすめします) 

レンタル料は1台につき定員2名で

1時間1,600円、3時間3,300円、1時間延長毎に1,000円

 

今回は、3時間のレンタルで予約しました。

やって来たのは、 「片山津温泉インフォメーションセンター」

(加賀温泉駅からバスで10分、駐車場有)

mobi1-1.JPG

  この看板が目印!脇には、何やら(ちっちゃい!)それらしき車体が・・・^^

mobi2.JPG

中に入ると、片山津温泉イメージキャラクター「かもやん」が

笑顔で歓迎してくれます(@^^)/

mobi3.JPG

 ここで、30分程かけて、みっちりと事前講習を受けました。

まるで、教習所のように?!(^^ゞ

(※「温モビ」を運転するには、普通自動車免許が必要です)

 

座学では操作方法と特徴を学びます。

特に気を付けなくてはいけないポイントは、

・バッテリーが半分になったら帰路へ向かうこと!

・時速60km以下で走ること!

・決められたエリア内のみ走行が可能(高速道路はNG)

 

一通りの説明を受けたところで、さぁ、いよいよ実地訓練です~!

(わくわくだけど、ちょっとドキドキcatface

mobi4.JPG

 車体は全3種類のデザイン中から、「かもやん号」を選びました!

受付での笑顔に癒されたので・・・(笑)

因みに、ほかには、こんなデザインがsign01

mobi5-1.JPG

どちらもキュートでカワイイ~notes

 

ドアの開け方から、エンジン、サイドブレーキ、アクセルの感覚・・・

普段、運転している普通車とは違った操作方法を覚えるのに一苦労(^-^; 

mobi6.JPG

 緊張で上半身が強張っていますがcoldsweats01 いざ、出発です~!

ハンドルさばきがぎこちない彩を、後部席からあったか~く見守る舞heart01

密接な空間×ゴーカートのような乗り心地に

会話もシートも弾む、弾む!happy01

mobi7-1.JPG

後部席はこんな空間!「す、すき間が・・・意外と大きい~sweat01

地球にやさしいこの車には、実はエアコンがついていません。

そのかわりに、ブランケット貸出やカイロのサービスなどが手厚く。

おもてなしが、もう、あったか~いんだ・か・らheart04

たっぷりの「愛」で寒さを忘れさせてくれます(笑)

mobi8.JPG

 約20分で最初の目的地「加佐ノ岬倶楽部」に。

カーナビが付いているお蔭で、道に迷うことなくスムーズに到着!

加佐ノ岬は、加賀海岸で最も日本海に突き出た岬で、

富士山・御嶽山・白山を結ぶライン上に位置していることから、

パワースポットとしても知られています。

公共交通機関でアクセスしにくく、レンタサイクルではちょっと距離が…

そんな時に「温モビ」はもってこいですよねgood

mobi9.JPG

 「加佐ノ岬倶楽部」は、古民家を移築したギャラリーカフェで、

オーナーのプライベートコレクションである硲伊之助の絵画や

近隣作家の工芸品などを無料で観賞することができるんですよ。

甘エビや味平かぼちゃなど、加賀の特産素材を使った

ランチ&スイーツメニューも見逃せません☆

彩「重厚感があって優雅なマダムになった気分だワ~note

mobi10.JPG

 お店の奥へと進むと、こんな絶景~♪

舞「さっきまでの雨が嘘のよう!もしかして、何かのパワー?!」(^◇^)

そして、お約束の「黄金せんべい」とのワンショットを!パチリ☆

mobi11.JPG

 実は、「温モビ」に乗ってこちらの施設を訪問すると、

瓦煎餅のオリジナル版!北前船のイラストが刻印された

「黄金せんべい」shineが頂けるんですヨ♪

かつて、北前船の寄港地として栄えた橋立地区にある加佐ノ岬。

その伝説の財力とパワースポットの運力が宿りそうなお土産を頂き、

懐が(!?)あったまったところでwink

mobi12.JPG

 イタリアのスーパーカーのようにドアを開閉し(手動です^^)

同じ橋立地区にある、ここから約500m離れた

「Glass Studio Cullet(ガラス工房カレット)」を目指します!

mobi13.JPG

 3分で到着~good

オーナーのガラス作家・秋友騰尊(あきとものぶたか)さんの作品と

秋友さんセレクトの工芸作品を取り扱っています。

mobi14-1.JPG

 日々の生活に取り入れたくなるものがたくさん☆

彩「あれもこれも欲しくなってきちゃう~」と言いながら、

実は既に何点か持っているんですっ(*^^)v ウフッ♪

mobi14-4.JPG

 舞はこのおさるさんの置物が気に入った様子notes

(彩が持っているのは、左のガラスの鏡餅)

mobi15.JPG

 ガラス体験も出来ますよ(1,500円~/要予約)

ご厚意で、工房見学もさせていただきました。

窯の中の温度は、なんと、1280℃とのこと!

秋友さんの作品と窯の熱で、ここでもあったまりました(*^_^*)

 

 重要伝統的建造物群保存地区である橋立地区は、

北前船船主の繁栄を今に伝える邸宅や街並み、

航海道具などを集めた資料館、

ズワイガニの漁獲で有名な橋立漁港など、見どころがいっぱい。

「温モビ」でぜひ、まるごと楽しんでみてくださいねwink

 

(後編に続く)

初めての「温モビ」体験!とってもエキサイティングで、遊園地のアトラクションに乗っているようでした!(^^)!お気に入りのギャラリーをいろいろと訪問することができて大満足♡
温モビの後部座席は運転席をまたいで座るので、まるでバイクで2人乗りしているみたいでした♪次は夏の天気の良い日に行って、風を切って走りたいです☆(^▽^)

|投稿者: 彩 |カテゴリ: 加賀 |投稿時刻: 04:10 |

プロフィール

    あや
    ゆき
    まい

pagetop