本文へジャンプ
<<前の記事| 次の記事>>

金沢・大野を探る旅 その②

2015-03-19

金沢市 大野

かがやきコンシェルジュのですsnow

今回は発酵食品を実際に食べて・見て知ろう!ということで

 

発酵食美人食堂へ行ってきました。

 

oono12.JPG oono13.JPG

 

大野にあるヤマト醤油味噌の工場の一角にある「美味しいだけでなく身体の中からきれいになろう!」というコンセプトのお店です。

お店の中は、まるで昔の教室を彷彿とするようなデザイン。実は実際に醤油蔵として使われていたんです。とってもオシャレ!

oono14.JPGoono15.JPG

 

ランチは甘酒+プレート+寝かし玄米ごはん+味噌汁+デザートのセット。

寝かし玄米ご飯はおかわりもできます!!

玄米は赤飯のようにもちもちになるんだ!という新たな発見も。

ご利用の際にはお店のホームページから事前予約をおすすめします(電話でも受付しています)

商品を購入することができるスペースもありますので、こちらもオススメ♪

大野観光にかかせない醤油ソフトクリームはこちらでも売っていますよ。ほどよい甘さとしょっぱさが絶妙で美味しかったですv

 

 

次に訪れたのは醤油業を営む直源醤油

石川県内での販売シェアがかなり高いそうです。実は県内のある有名店もオーダーメイドでこちらの醤油を使っているそうですよ!

今回は工場見学もさせていただきました。

大野醤油では現在、熟成されたもろみを搾って作られる生揚げ醤油(きあげしょうゆ)までの工程を1つの工場で生成し、その後各お店にて火入れ検査やボトリングを行い販売する というかたちをとっています。

 

oono16.JPG

こちらは現在生揚げ醤油を作っている工場にある醤油樽。

(能登ヒバなど県産の木材を使っているのも特徴)

生揚げ醤油ができるまで約半年ぐらいかかるとか・・・じっくり作るのがおいしさの秘訣なんですねぇ

 

oono17.JPG

そしてこちらは直源さんで昔つかわれていた醤油樽(現在は展示用です)

写真だとわかりづらいですがかなり大きいです。昔はそれぞれのお店がこれらの過程を行っていたんですね。

oono18.JPGoono19.JPG

見学は普段親しみのある醤油への見方が変わるくらい興味しんしんになる内容で!

1本の中に大豆がこんなに含まれていたことも目からウロコな情報でした。

ほかにも、なかなか見ることができない出荷前の醤油の様子やボトリングの様子なども見学ができました。

(工場見学は事前予約制で受付しています)

醤油は和食ブームなどもあり海外での需要も増えていて、普通の醤油のほかスパイスのように使うことができる醤油製品などもありました。

海外の方の需要に合わせて工夫されているんですねぇ。

 

そのあとは直売所の直江屋源兵衛へ。昔の醤油蔵をリメイクして作られたお店です。

天井がとても高く、暖かい色遣いの店内とちょっとレトロなデザインの商品がとても合っていて素敵なお店でした。

醤油のほかに加賀野菜を使って作られたドレッシングやお菓子も販売しています。

ドレッシングや醤油はテイスティングすることもできるのでお気に入りの1本がみつかるかも?

oono20.JPG

 

カフェも併設しています。醤油樽をリメイクして作られた椅子にもぜひ注目!

ドリンクのほかに醤油を使ったデザートなどもありますよ^^

他のお客様もまったりした時間を楽しまれていたようでした。

oono21.JPG

 

大野がどうして発酵食品(醤油)と深い関わりになってきたか、もうわかりましたよね?

大野は金沢市内からは少し距離が離れているため、タクシーやレンタカーで回ることをおすすめします。

路線バスですと、『武蔵ヶ辻』バス停からは大野港・からくり記念館行き、『中橋』のバス停からは金石行きのバスがあります。

(ただしどちらのバスも本数が多くないのでご注意ください)

 

「町は小さいけれどキラッと光る町づくり」に取り組む大野地区。

穴場の旅へちょっと、でかけてみませんか。

近年の健康ブームで脚光をあびるようになった発酵食品ですが、実は昔から日本人には馴染のものだったんですよね。時代に合わせて商品開発しているメーカーの努力には、感動とともに感謝しています!(*^_^*)
普段親しみのある醤油の裏側を知る機会はとても貴重! 工場見学をしてから見方が少し変わったような気がしました^^
どちらのショップも伝統ある食品を生活にどんどん取り入れられる工夫が楽しい&嬉しい♪ランチは美味しくて満腹感も◎!良いことづくめでした(^∀^)/

|投稿者: 雪 |カテゴリ: 金沢 |投稿時刻: 04:10 |

プロフィール

    あや
    ゆき
    まい

pagetop