本文へジャンプ
<<前の記事| 次の記事>>

金沢・大野を探る旅 その①

2015-03-18

金沢市 大野

 

こんにちは、かがやきコンシェルジュのですsnow

 

突然ですが皆さんは『発酵食品』って好きですか?

実は石川県って発酵食品と深いかかわりがある地域が多いんです。

数ある石川の発酵食品の中から今回スポットを当てる食品は・・・「醤油」!

 

やってきたのは金沢市大野地区。

実は日本の五大醤油名産地のひとつ!今も20軒以上の醤油店があります。

でもどうして発酵食品とつながりをもった町になったんだろう・・・?

この答えを探すために私たちは大野の発展に携わってきた人物を知ることからスタートしました。

 

銭屋五兵衛記念館

oono2.JPGoono1.JPG

「銭屋五兵衛」という名前を知っていたらかなり通かも・・・?

銭屋五兵衛は江戸時代末期に加賀藩の商船として北前船(江戸時代~明治時代に日本海方面で活躍した廻船)を使って国内外で商いをして成功したことから「海の百万石」とも呼ばれるほどだったそうです。

船で運ばれた荷物の中には大野の醤油も含まれ全国に知られるようになったとか。

遠く九州の醤油の味と石川の醤油の味が似ているのももしかしたら北前船の文化があったからかもしれませんねhappy01

 

oono3.JPG

銭屋の船『御手船 常豊丸(おてふね じょうほうまる)』の模型がお出迎え。

これで多くの積み荷のやり取りが行われていたんですねー

実際に北前船で運んでいたもののレプリカや資料展示のほか、彼が海運業を始めてから河北潟事件によって獄死するまでの流れを館内のシアターで見ることができます(約12分)

彼の波乱万丈な半生をアニメーションで解説してくれるので、とてもわかりやすかったですよ♪

 

 

記念館の近くには銭屋本宅の一部を移築した「銭五の館」もあります!

 

 

oono4.JPGoono5.JPG←目印

五兵衛をはじめ、銭屋ゆかりの品々が展示されていました。

入館料は銭屋五兵衛記念館と両館共通券なので、記念館とあわせてどうぞ((^ワ^))

 

 

大野の発展に携わったもう一人は、五兵衛の助言者でもあった「大野弁吉」!

彼の業績を記念し、建てられた記念館がこちらです。

「大野からくり記念館」

oono6.JPG

彼は幕末のからくり師といわれており、からくり人形・写真機・望遠鏡・発火機など数々の作品を作り、その技術は現代でも通じるものがあるのでは、思いました。

館内には、興味深いからくりやパズルもあるので、大人も子供もつい夢中になって時間を忘れちゃうかも?

パズルは頭をやわらかーくして考えないと解けないかも?

(コナンのミステリーツアーで出題された問題を解けなかったことを思い出しました・・・)

oono7.JPG←穴があると覗きたくなる・・・これも立派なからくり

 

 

 

oono8.JPGoono9.JPG

窓や壁でなく和格子と障子紙をつかっていてやさしい自然光に包まれた館内、そして天井の無数の梁で建物を支えています。建物もまさにからくり仕様!和モダンな雰囲気が素敵ですねぇ。

この建物を見るために建築を勉強している方の来館も多いそう。

oono10.JPG

oono11.JPG

他にも茶運び人形からお茶を頂いたり、段返り人形の演技を見せてもらったり。

ぜんまい式で動いているとは思えない、なめらかな動きに驚かされました(;0A0)!

副館長のお話によると、人形にも調子がいいときと悪いときがあったり、予想していなかった動きをすることもあったりとても奥が深いそうです。

人形の愛嬌に、見学に来ていた子供も思わずにっこりしてしまうほど^^

ぜひ人形たちにも会いにきてあげてくださいね~

(※動く人形たちの披露する時間などは受付でご確認ください)

 

大野は偉大な人物を生み出している町で、北前船で運ぶ商品には醤油やお酒など発酵食品も多く含まれていたことがわかりました。

次回は実際に食べて・見て 大野を探ります!

 

大野からくり記念館、こんなにすてきな建築だったとは・・・!驚きでした♪♪副館長さんのお話も面白くて、大野の世界に引き込まれてしまいましたヨ(*^_^*)
北前船を使っての交流があったからこそ今の大野がつくられていることがよくわかりました。 大野は奥が深い町ですね~!!
人形の不思議な魅力に子どもも、そして大人も思わす引き込まれてしまう(@o@)?! 銭屋五兵衛の生涯を描いたアニメはとても分かりやすかったのでお時間があれば是非ご覧になってみて下さいね~(^∪^)

|投稿者: 雪 |カテゴリ: 金沢 |投稿時刻: 04:10 |

プロフィール

    あや
    ゆき
    まい

pagetop