本文へジャンプ
<<前の記事| 次の記事>>

金沢のにしを歩く旅

2014-09-25

金沢市

寺町・にし茶屋街界隈

 

こんにちは、4代目旅がーるです!

今回は金沢市の「寺町・にし茶屋街界隈」をご紹介します。

 

ガイドブックなどではちょっと情報が少なく、

何があるんだろうというイメージ・・・

しかーし!こちらにも見る場所はたくさんあるんです!!

さっそく調査に行ってきました。

IMGP0967.JPG

IMGP0970.JPG

こちらは寺町寺院群のひとつ『寳勝寺』(ほうしょうじ)です。

御本堂は築400年といわれている、加賀藩3代藩主前田利常ゆかりのお寺です。

こちらは中で「寺カフェ」の営業をされていて、

最近口コミで人気が上がっているお寺なんです!

境内にはお花も多く咲いていてとても綺麗でしたよ~

 

事務の山口さんにお話を伺ったところ、寺カフェを開くきっかけは、

お寺の前を行き交う人は多いのに回りに喫茶店がなかったことからと、

若い方にも気軽にお寺に入ってきてほしかったという住職の願いからだそうです。

 IMGP0976.JPG 

IMGP0978.JPG

中は住職が書いた書画も飾られており、

座布団の部屋だけでなくイスの部屋もあるのがうれしいところ♪

そしてこの和レトロな雰囲気がたまりません(^///^)

 

 IMGP0992.JPG 

  お抹茶には金箔が!

 

ドリンク(お抹茶・コーヒー・加賀棒茶)400円 

日替わり菓子300円、お菓子盛り合わせ500円

お菓子は近くにあるお菓子屋「諸江屋」のものを使っているそうです~

甘みもちょうどよく、お茶とあわせて美味しくいただきました!

寳勝寺のホームページで随時お寺の様子なども更新されていますのでぜひご覧ください。

 

また、寺カフェのほかにも住職による法話も行っています。

テンポよく笑いも交えた楽しい法話なので、こちらもおすすめです!

(ただし予約制なのでご注意を)

 

・・・ちなみになぜこのエリアが「寺町」と呼ばれるようになったかはご存じでしょうか?

かつてこの土地では浄土真宗の一派・一向宗門徒による

一揆がおきたことがありました。

一向宗の力を恐れた加賀藩は江戸時代に

浄土真宗の寺社を囲むように他宗派の寺社を置き、動きを監視したそうです。

これによって今の寺町寺院群がつくられました。

 

その寺町寺院群にあるお寺のひとつが、

こちらの『香林寺』(こうりんじ)です。

IMGP1014.JPG

こちらは360年の歴史を持つお寺で、願掛けのお寺として知られています。

また今の時期にしか見られないお花もあるとのこと・・・楽しみです^^

 

お堂の中には加賀友禅作家の人間国宝・木村雨山さんが

寄付した色紙短冊が飾られていました。

IMGP1006.JPG

こちらは木村さんが願掛けの為に寺に訪れた時に、

庭から見えたものを描いたものだそうです。

 

 

そしてこちらがお庭の『幸福の道』です!

十二支の像の他、十六羅漢像が並べられていました。

IMGP1015.JPG

IMGP1018.JPG

/ちいさいあきみつけた!\

 

願掛けの方法は順路に従って時計回りに2周。

3周目で自分の干支の像に向かい手を合わせ、

最後に白不動様に願掛けをするのが正しい回り方だそうです。

願掛けは1人につき1つだけ。叶ったらお礼参りもお忘れなく・・・

(また願掛けは代理参拝もできるのでその場合はその方の干支の像に向かってくださいね^^)

干支の像は十二支の順番ではなく、方位の順に立っているので

最初の2周歩く間に、どこにいるか確認するといいかもです。

願い事を書くタスキやお守りは本堂で販売もしています。

 

また、今の時期しか見られないお花というのは彼岸花のことです。

彼岸花というと赤いイメージが強いですが、

こちらに咲いているのはなんと白い彼岸花なんです!

IMGP1024.JPGのサムネイル画像

IMGP1030.JPG

毎年9月中旬~下旬が見ごろの時期だそうです。

白い彼岸花の群生は国内で見ても珍しいみたいで・・・

そっと羅漢像やお地蔵さんの横に立つ姿がまたいいですね。

彼岸花は相思花とも言うそうで。この花はその名前の方が似合いますね。

 

寳勝寺、香林寺は忍者寺(妙立寺)と同じ道沿いにあるお寺なので

回りやすいと思います(^O^)

 

またお寺の近隣には、にし茶屋街や九谷光仙窯もあります。

にし茶屋街はひがし茶屋街・主計町茶屋街と並んで

金沢の3大茶屋街といわれています。

IMGP1037.JPG

 

立ち寄りできるお店はひがし茶屋街と比べると少なめですが

落ち着いた雰囲気がウリです。

お土産屋さんもいくつかあります。

IMGP1050.JPG

「甘納豆かわむら」の甘納豆(1つ300円)

味もいろいろ甘さ控えめでイラストもかわいいものが多いので手土産にぴったり♪

 

IMGP1044.JPG

「中谷とうふ店」の豆乳ソフトクリーム(350円)

 とうふアイスクリーム(350円)もあります。

豆乳ソフトクリームは豆腐そのままの風味でもっちりとした食感。

豆腐好きには特におすすめ!

とうふアイスクリームは甘みがあり、シャーベットに近い感じでした☆

 

九谷光仙窯は、大正時代からこの地で九谷焼を作り続けている、

皇族の方や海外の大使の方も訪れたこともある窯元です。

IMGP1054.JPG

作業工程すべてをこちらで手がけています。

IMGP1055.JPG 

タイミングがあえば工房の見学や絵付け体験(※要予約)などもできますよ~

またここでしか買えない焼き物の販売もしています。

 

寳勝寺・香林寺やにし茶屋街は「広小路」バス停から10分圏内にあります。

香林坊・片町まで歩いてもおよそ15~20分くらいの距離なのでお散歩にもちょうどいい距離ですよ^v^

 

金沢のちょっとした穴場に、あなたも足を運んでみませんか?

 

 

|投稿者: 雪 |カテゴリ: 金沢 |投稿時刻: 04:10 |

プロフィール

    あや
    ゆき
    まい

pagetop