header

金沢市-三つの寺院群と茶屋街 〜歩く・観る・祈る〜

【いしかわ歴史遺産ストーリー】

金沢の都市としての形態が整うのは、一五八三(天正十一)年の前田利家の金沢城入城以降である。一五九九(慶長四)年から
一六一◯(慶長十五)年にかけては内・外二重の惣構(堀)が築かれ、これに伴って計画的な城下町空間が伸張していった。武家屋敷地は、藩の重臣である「八家」の屋敷を城の膝元に置き、それを取り巻くように同心円状に形成されていった。城下中心部を南北に縦断する北国街道の沿道には有力商人の町家が配置された。寺院は防御のため城下三方の縁辺部に集められた。北国街道が浅野川と犀川を越える東西の渡り口(現在の浅野川大橋・犀川大橋)近く、すなわち卯辰山山麓寺院群と寺町寺院群の近くには、
一八二◯(文政三)年にそれぞれひがし茶屋街とにし茶屋街が設置され、明治に入って浅野川河畔に主計町茶屋街が成立した。幸いにも戦災を免れた金沢ではこうした都市構造が今に受け継がれている。寺院群や茶屋街をめぐる迷路のような路地や急な坂道には、城下町の空気がひっそりと漂っている。
金沢は前田家の政策で文化都市としての性格が色濃い城下町です。浅野川・犀川という天然の外堀と、卯辰山・小立野台地・寺町台地から成る複雑で高低差がある地形を巧みに利用して防御を固めつつも、学術と工芸と芸能を奨励し、新井白石をして「加賀は天下の書府である」と言わしめました。明治維新後は武士階級が零落し、当時、東京、大阪、京都に次いで多かった人口は急減して金沢の成長は止まりました。しかしこのことが歴史的な景観の保存にとってはプラスに働き、現在の歴史と伝統が薫る金沢があります。古い町並みの修理修景にもいち早く取り組んできた経緯があり、狭い地域にこれだけ重伝建地区があるのは全国でも類を見ません。金沢の路地を歩くと、用水や石垣、塀など、城下町の頃の「微地形」が市民生活の中に溶け込んでいることに気が付くでしょう。そしてまたその中に伝統工芸や芸能が息づいています。それら一つひとつに、藩政期の歴史が埋もれているのです。
竺 覚暁 工学博士 金沢工業大学教授 同ライブラリーセンター館長 同建築アーカイヴス研究所長

金沢の寺院群と茶屋街

金沢では城下町の骨格や遺構を今も随所で見ることができる。城下を取り囲む3つの寺院群と、 これに近接した茶屋街にも往時の面影が色濃く残る。3つの寺院群を歩き、観て、祈りを捧げ、 そして茶屋街で伝統芸能や食を楽しもう。

ひがし茶屋街

(重要伝統的建造物群保存地区) 茶屋街創設時の敷地割とともに、「志摩」(国指定重要文化財)をはじめとする藩政期の希少な建物が数多く残る。二階正面を高くして軒高を揃えた茶屋が通りの両側に連なり、特徴ある景観を留めている。建物の一階はベンガラ塗りのキムスコ(出格子)が美しい。

にし茶屋街

金沢の三茶屋街の中で芸妓の数が最も多い、活気に満ちた茶屋街。芸妓の稽古が行われる「西検番事務所」は、1922(大正11)年築の洋風建築で、国の登録有形文化財。

主計町茶屋街

(重要伝統的建造物群保存地区) 茶屋街の最盛期に行われた三階の増築が往時の繁栄を伝える。裏通りは旧来の茶屋の様式を維持した建物が残り、変化に富んだ歴史的風致を残している。

寺町寺院群

(重要伝統的建造物群保存地区) 約65の寺院(地区内52ヶ寺)がある金沢城下最大の寺院群。野田山墓地へ続く道筋に整然と寺院が並ぶ「旧野田道」と、建ち並ぶ町家の奥に寺院が見え隠れする「旧鶴来道」から成る。1648(慶安元)年に現地に移植された「松月寺のサクラ」(国指定天然記念物)や、各寺院で執り行う年中行事が季節を告げる。

●おすすめポイント

旧鶴来街道沿いは路地を少し入ったところに寺院が点在し、往時の面影がひっそりと残されている。
お問い合わせ先/金沢市文化財保護課(076-220-2469)
卯辰山山麓寺院群
(重要伝統的建造物群保存地区)旧北国街道から山側の寺院へ向かってのびる参道を基本とした独特の町割が残り、坂道や長い階段・迷路のような小路に45以上(地区内37ヶ寺)の寺院があり変化に富んだ散策が楽しめる。

●おすすめポイント
寺院が集中的に立地している七面小路は土塀石積みが連なり、タイムスリップしたような雰囲気。


●おすすめポイント
兼六園の小立野口から下る「八坂」(はっさか)は、片側に寺院群が続く。