ここから本文です。

天然能登寒ぶり

12月頃の雷鳴は、「ぶりおこし」と呼ぶ。

産地

大型ぶり(七尾から珠洲市定置網)
その他は県下一円

11月~2月(ブリは周年)

photo

  • 能登半島では16世紀には既にブリ網による漁が行われていたという記述がある。
  • 金沢名産かぶら寿司に欠かせない魚である。
  • 夏場のブリで作る巻きぶりやいなだが中元商品として珍重される。
  • 12月頃の雷鳴は、寒ぶりが大量に獲れる前触れとして「ぶりおこし」と呼ぶなど、石川県では古くから冬を代表する魚として親しまれている。
  • 七尾湾一帯は全国有数の定置網地帯で、石川県のブリ漁獲量は全国上位(H19:3位)

寒ぶりを味わえるお店

提供店舗一覧