ここから本文です。

加賀れんこん

れんこんの中でも、強い粘りを持つ加賀れんこん。

産地

金沢市

8月~3月

photo

  • 加賀藩五代藩主前田綱紀が参勤交代の折に美濃から蓮の種か苗を持ち帰り、金沢城内に植えて花をめでたのが始まりであり、その後、大樋地区の日当たりが悪く、米が作れない水田で栽培が許され、「ハスノ根」として上層武士間で薬用に供されたのが、加賀れんこんの始まりと言われている。
  • 若葉を刻み入れた「はすめし」は、産地ならではの味で、盂蘭盆のお供えものに用いられる。
  • れんこんの中でも、蓮蒸しを作る際につなぎなどの添加物が不要なのは、強い粘りを持つ加賀れんこんだけと言われている。
  • 産後の妊婦の体を温め、母乳の出をよくするといわれている。
  • 加賀れんこんは加賀野菜してブランド化が図られている。

加賀れんこんを味わえるお店

提供店舗一覧