ここから本文です。

たけのこ

節と節とのあいだが詰まりやわらかいのが特徴。

産地

金沢市、小松市、津幡町

4月中旬~5月下旬

photo

  • 江戸中期(明和3年と7年)に、お殿様のお供で江戸詰めをしていた岡本右太夫という足軽が、孟宗竹を持ち帰り移植したのが始まりとされる。
  • 大正から昭和中ごろまで内川地区一帯で植栽されるとともに、全国に先駆け、たけのこ振興策が進められてきた。
  • 県内の各家庭で食されるたけのこの根元と昆布の煮物は全国的にも珍しい調理と言われている。
  • 全国の大規模産地としては北限にあたる。
  • 毎年4月に岡本右太夫の墓のある寺町「妙福寺」で豊作を祈願する「たけのこ感謝祭」が開催される。
  • 金沢市中央卸売市場では、新鮮なものをいち早く消費者に届けるために「後場市」と呼ばれる午後からのせりが開かれるほか、休みの日には臨時で開場される伝統がある。
  • 加賀野菜としてブランド化が図られている。

たけのこを味わえるお店

提供店舗一覧