ここから本文です。

能登牛

最上級の肉をプレミアムとして差別化。

産地

能登地域

周年

photo

  • 明治25年に兵庫県但馬地方から3頭の種雄牛を導入したのが始まり。
  • 本来の能登牛は、赤褐色の小柄な牛として天照大神の時代から記録があり、寛永3年には3代藩主前田利常が製塩の役牛として増殖を図ったとも記録されている。
  • 平成19年に開催された「全国和牛能力共進会」で、旨み成分の一つであるオレイン酸の含有率が最も高く、日本一おいしい牛肉として特別賞を受賞。
  • 最上級の肉をプレミアムとして差別化し、能登牛の提供店の登録等も行っている。

能登牛を味わえるお店

提供店舗一覧