ここから本文です。

小松うどん

小松うどん(小松市)

江戸時代、加賀藩御用達品として納められ、将軍や大名家に贈られたという300年以上の歴史の歴史を誇る「小松うどん」。
霊峰白山の伏流水が生み出すコシのある麺と透明感のあるだしが、その“美味さ”を醸し出します。

定義

  • 小松市内で製造された麺であるべし
  • 手打ち・手打ち風のものであるべし
  • 加水量は、小麦粉重量に対して35%w・w以上、52%w・w未満を基準とするべし
  • 食塩水濃度10%を基準とするべし
  • 白山水系の水で仕込むべし
  • 出汁は、うるめ・むろあじ・さば等を主に用い、昆布をふんだんに使いひくべし
  • 具材は、“じのもん”を出来る限り使うべし
  • こまつの発展を願い、茹で上げるべし

小松うどん

(小松市)

小松うどんパンフレットを見る

小松うどんを味わえるお店

提供店舗一覧